自由な働き方が可能|英語力が貿易事務には必要|求人に応募する前に注意しよう

英語力が貿易事務には必要|求人に応募する前に注意しよう

男女

自由な働き方が可能

履歴書

自分で決めることが多い

フリーランスは企業に所属せずに自分で仕事を探して取り組むやり方です。何を売りにしてどのようにアプローチをするのかなどは自分で考えて実行することになるので、自由度の高い働き方と言えます。やりたいことや得意なことを仕事にすることができるため、やりがいを感じながら取り組める利点があります。仕事を行っている時は取引先や一緒に仕事をする方々との関係があるため、調整が必要な状況はあり得ます。それでも、仕事を引き受けるべきかどうかの判断は自分で行うことになるので、稼ぎたい時は仕事を引き受け、休暇を取りたい時は仕事を引き受けないなど、自分で仕事をコントロールできます。そうすれば、仕事とプライベートの両方を充実させられます。

徐々に実績を作る

フリーランスは自由に働ける魅力を持っている一方で、フリーランスになったばかりの頃は実績がない状態です。そのため、まずは実績を作ることを意識する必要があります。徐々に実績を作ることによって取引先が増加し、口コミで評判が広まればさらに仕事が増える状況となります。ただし、フリーランスとして働き始めたばかりの頃は知名度が低いため、思うように実績を積めない状況になる可能性はあります。そんな状況でも地道に営業活動を実施することで取引先の数は増えていきます。たとえば、会社員として勤務していた際、取引先に顔見知りを作っておけばフリーランスになった状況で売り込みやすくなります。ですから、フリーランスになる準備段階はとても重要です。